トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
クニ杉本

このコラムでは毎回、制作環境がソフトウエアベースに置き換わっても手放すことなく、手元に残っている機材を紹介していますが、その4回目となる今回は、MU-TRON III+を紹介したいと思います。

MU-TRON IIIは、Pファンクのベーシスト、ブーツィー・コリンズが使用していることでも有名なエンベロープフィルターですが、MU-TRON III+は90年代に発売されたそのリイシューモデルです。エンベロープフィルターとは、入力された音源の音量によって自動的にフィルターを開閉させるエフェクターで、MU-TRON IIIはその中でも独特のアクの強い粘りのある効果が特徴です。過去には色々と所有していたコンパクトエフェクターもかなり手放してしまったのですが、エンベロープフィルターに関しては手放す気になれず、MU-TRON III+以外にもビンテージのELECTRO-HARMONIXのBASSBALLSやBOSSのFT-2、若干毛色は異なりますがBOSSのSYB-3を今でも所有しています。

90年代半ば、ロンドンに住んでいた頃、毎週月曜日の夜、Acid Jazz/Talkin' Loudのジャイルス・ピーターソンとMo' Waxのジェームス・ラヴェルがレギュラーでDJをしていたBar Rumbaというクラブがあり、そこで毎回行われていたジャムセッションにベーシストとしてレギュラーで参加させていただいていたことがありました。丁度その時期にシンガーのネナ・チェリーが、ヨーロッパ・フェスティバルツアーのバックバンドを探していて、プロデューサーのハウイー・Bを通じ、そのジャムセッションのメンバーがほぼそのままバックバンドとして採用されることになりました。ライブのリハーサルは、当時ネナの自宅があった南スペイン・マラガにて、合宿状態で1ヶ月半ほどかけて行われたのですが、スペインに移動した後に、入手困難だったMU-TRON IIIが再発されたことを知り、ライブでも使えると思い急遽取り寄せることにしました。

夏のマラガは温暖で、ビーチもあり、オリーブオイルをふんだんに使ったシーフード料理が美味しく、とてもゆったりとした時間の流れの中でリハーサルは進行しました。頻繁に訪れることになったネナの自宅では、当時存命だったネナの継父でトランペッターのドン・チェリーにお会いすることもでき、「悪くなってしまった歯が完治し、トランペットが吹けるようになったら新しいアルバムを作りたい。」とネナの夫でプロデューサーのキャメロン・マクヴィから聞いていたので、実現することなく他界してしまったのは残念という他ありません。また、このツアーが組まれる以前より始まっていたネナのニューアルバム『Man』の制作も同時に進行していたのですが、アレンジが固まっていなかった新曲にリハーサルから生まれたアイデアが採用されたり、その流れでレコーディングに参加させていただくことにもなりました。

ヨーロッパ・フェスティバルツアーは2ヶ月程の期間で、約15ヵ国・20公演ほどだったと記憶しています。移動は2階建てのゆったりとしたラウンジも完備した大型ツアーバス2台で、1つの公演が終わると、眠っている間に国境を越え、目が覚めると別の会場におり、自分がどの国にいるのかわからなくなってしまうような状況でした。ツアーの一番の思い出は、何と言っても屋外で何万人もの観客を前にした格別な開放感のあるステージでの演奏ですが、他の様々なアーティストのライブも数多く見ることができ、ステージ裏でもやたらとテンションの高いジャミロクワイのジェイ・ケイから着ていたmoogのTシャツを褒めてもらったり、宿泊していたホテルで待っていたエレベーターの開いたドアから素のジョージ・クリントンが降りてきたことなど、舞台裏のアーティスト達の姿も忘れることができません。もちろん購入したばかりのMU-TRON III+もツアー中しっかり活躍してくれました。

そもそも自分はベースにあまりエフェクターを繋ぐタイプではなく、駆動に9Vの乾電池2本か、25Vの外部給電が必要で、コンパクトエフェクターと言われる機材としてはかなりガタイの大きなMU-TRON III+は、その後あまり活躍する機会に恵まれていないのですが、まるでアルバムの1ページをめくるような思い出が詰まっているこのMU-TRON III+を今後も手放すことはないんだろうなと思います。

興味を持っていただいた方に

MU-TRON IIIの使用例

レコーディングにベースで参加したNeneh Cherry『Woman』


記事一覧
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5